Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
ambasciata_tokyo

文化政策

 

文化政策

________________________________________________________________________

リンク:
お問い合わせ先
イタリア文化会館
大阪イタリア文化会館





日伊間の文化的関係は長年にわたって続けられてきた「日本におけるイタリア」というイベントにより強化され、裾野が広がり、今や揺るぎない基盤の上に立っている。当大使館はこの催事のまとめ役として、日本のマスメディアや主要出版グループの企画による数々の重要な文化イベントを取り仕切ってきた。日本のイタリア文化への並々ならぬ関心と情熱を示す象徴的な例がイタリアの偉大な芸術家およびイタリア美術史の要となる芸術ムーブメントを扱った展覧会で、日本の首都のみならず国内各地で開催されている。

なかでも記憶に新しいのは、2007年に東京国立博物館で開催されたレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」の展覧会(80万人以上の観客が訪れ、その年の世界記録となった)と、「甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展」。

また2009年には、古代ローマ帝国に関する展覧会が国立西洋美術館でイタリア共和国大統領により開幕。トリノエジプト博物館の巡回展が日本の数都市で開催され、ボルゲーゼ美術館の展覧会ではラファエッロ、カラヴァッジョ、アゴスティーノ、アンニーバレ・カラッチ、ベルニーニ、グエルチーノの作品が展示された。
2011年、津波と核の緊急事態の年には「ヴェネツィア絵画のきらめき展」が開催された。ロット、カルパッチョ、ティエポロの重要な作品が展示され、ヴェネツィア共和国時代の風俗や暮らしを知る重要な機会が日本の観客に提供された。その他、パルマ国立美術館からの作品を展示した「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」展。東北地方に大打撃を与えた津波の数ヶ月後、7月16日に開幕したセガンティーニの展覧会。
2013年にはルネッサンスの偉大な芸術家に捧げる展覧会が開催された。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエッロ、ミケランジェロ、そして「フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション」。

音楽イベントでは、イタリアの一流歌劇場の公演が常に熱狂をもって迎えられている。イタリアの歌劇団が日本で初めて公演したのは1981年のスカラ座のそれであったが、以来、日本でしばしば公演を行っている。ヴェルディ生誕200年記念の 2013年には、ミラノ・スカラ座、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場、トリノ王立歌劇場、ボローニャ歌劇場が来日公演。2014年にはリッカルド・ムーティが指揮するローマ歌劇場が東京に来た。

イタリア映画もまた、毎年春、四月末から五月初めにかけて開催されるイタリア映画祭を通して日本で注目を集めている。何万人というファンがイタリアの昔の、そして今日の有名な映画を見ようと劇場に押し寄せる。これらの映画は日本の観客にイタリアの文化、ライフスタイル、情熱を伝えるのに大きく貢献している。映画祭は二年に一度、大阪でも行われる。

今年は日伊国交樹立150周年記念ということで、レベルの高い文化催事が数多く開催されている。東京都美術館の「ボッティチェリ展」、上野の国立西洋美術館の「カラヴァッジョ展」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」、「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』―タヴォラ・ドーリアの謎」、「ミケランジェロ展」、そしてイタリア20世紀のアイコン的画家を世に広める「ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏」。六本木、森アーツセンターギャラリーの「世界遺産―ポンペイの壁画展」、ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵の絵画、メディチ家の宝石、フィレンツェの銀器博物館からのコレクション展。さらにこのたび日本で初めて伊東マンショの肖像画が展示される。ドメニコ・ディントレットの1585年の作品で、2014年に個人所蔵から再発見されたものだ。

音楽イベントのプログラムも内容が濃い。リッカルド・ムーティが指揮するのは日伊国交樹立150周年記念オーケストラ。東京春祭特別オーケストラとルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団から特別編成された日伊混合のオーケストラだ。続いてスカラ座バレエ団の公演、ピアノの巨匠マウリツィオ・ポリーニのコンサート、そして世界最古のオペラのひとつ、モンテヴェルディの「オルフェオ」と日本の偉大な伝統的舞台芸術を融合させた「ジャパン・オルフェオ」。

何年にもわたり極めて高レベルの文化催事を続けてきたことで、日本の人に愛され、賞賛されているイタリアは、当大使館が常に連携を取り合っている日本のメディアの注目の的にもなった。イタリア文化の持つプロモーション機能は、経済や観光のような他の分野、またイタリアの一般的イメージにも有効に作用していることは明らかだ。文化は重要なプロモーションイベントにおいて弾み車のような役割を果たすものであり、日伊機関の連携の果実でもある。
当大使館は「イタリアにおける日本」のサイトも手がけている。当サイトには日本におけるイタリアの文化と芸術イベントの全スケジュールが記され、アップデートされている。




日本における主要なイタリア関連文化イベント一覧
東京のイタリア文化会館のイベントカレンダー
大阪のイタリア文化会館のイベントカレンダー

日伊間の文化的関係は長年にわたって続けられてきた「日本におけるイタリア」というイベント[LN1]により強化され、裾野が広がり、今や揺るぎない基盤の上に立っている。当大使館はこの催事のまとめ役として、日本のマスメディアや主要出版グループの企画による数々の重要な文化イベントを取り仕切ってきた。日本のイタリア文化への並々ならぬ関心と情熱を示す象徴的な例がイタリアの偉大な芸術家およびイタリア美術史の要となる芸術ムーブメントを扱った展覧会で、日本の首都のみならず国内各地で開催されている。


 [LN1]Forse Rassegna di sistema puo’ essere reso con イベントシリーズ


48