Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
ambasciata_tokyo

Settori di rilievo per Italia

 

Settori di rilievo per Italia

日本の研究開発の努力は、各分野において関心を引く日本的革新システムを生み出すこととなり、すでにその多くの分野で日伊研究機関の間において協力が行われている。「第二次基本計画」で優先的研究開発分野として選定されているものは以下の通りである。

  • ライフサイエンス - 情報通信 – 環境
  • ナノテクノロジー���材料
  • エネルギー
  • 生産技術
  • 基盤技術 – フロンティア技術(宇宙、海洋…)
上記各分野において、イタリア人の研究者、技術者、企業家等は、日本の最先端組織を見いだすことができる。またそれらの組織と話し合いの機会を持ち、協力関係を構築することも可能である。  

最新の情報分析に依れば、以下に記述された項目は、二国間協力という視点から注視するに値するものである。  

  • ナノテクノロジー、ナノバイオロジー
  • 最先端IT(量子コンピューター、量子暗号法、ユビキタス社会)
  • 燃料電池(車両用および携帯電気器具用)
  • 環境モニターリング用衛星技術 
  • ロボット(介護・余暇用ヒューマノイド、検索救助、遠隔手術、バイオエレクトロニクスインターフェイス、等のロボット)
  • スーパーコンピューター(ソフトウェア、ハードウェア)
  • 自然災害減少技術(公共施設、予知実験モデル)    
基礎科学、宇宙解明への素粒子物理学(ジュネーブの欧州合同原子核研究機構には日本も研究参加)と天体物理などは、日伊両国の研究協力という観点からも引き続き大きな関心が持たれる。    

医学界においては、放射線ガン治療はもちろん、複合領域を通して使われる診断技術(取り分け非破壊技術)が高い注目を浴びている。腫瘍学部門においても薬学、医学いずれの観点からも広範な研究協力が行われている    

その他の分野で、イタリアにとって日本が重要なパートナーとしてあり続けるものは、「文化財保護」領域である。そこでは産業界が生み出した高度技術を応用した先端技術が、文化遺産修復や手工芸品、そして芸術的歴史的価値を持つ史跡名所の保存などの目的で使われている。  

より広範な専門情報取得の一助となる、研究開発部門に携わる在日イタリア人研究者リストはこちらから参照可。ダウンロード


39