Ambasciata d'Italia - Tokyo

Notizie e Comunicati Stampa

Voto per corrispondenza dei cittadini italiani residenti all'estero08/12/2017

Nel corso del 2018 si svolgeranno le elezioni per il rinnovo del Parlamento italiano, che vedranno coinvolti anche i cittadini italiani residenti all’estero, chiamati ad eleggere i propri rappresentanti alla Camera dei Deputati e al Senato della Repubblica, votando per i candidati che si presentano nella Circoscrizione estero. Si ricorda che il VOTO &...

Leggi tutto
女性に対する暴力撤廃国際デー29/11/2017

女性の権利保護を推進すること、そしてあらゆる差別や性的暴力を含むジェンダーに基づく暴力と戦うことは、イタリアが国際的に最優先で取り組んでいる課題です。女性に対する暴力撤廃国際デーにあたり、イタリア外務・国際協力省はこれらの課題に確たる責任を果たすことを明言します。 イタリアの取組は、女性と女児のエンパワーメントの推進とジェンダーに基づく暴力との戦いとが密接に結びついているという確信に基づいています。ジェンダーに基づく暴力は、女性が自分の権利を享受する能力を阻害され、自己実現やエンパワーメントに重大な障害となります。また、女性が政治的、経済的、社会的な主体として認められることを基礎として、女性のエンパワーメントを推進することは、ジェンダーに基づく暴力を阻止することに役立つのです。 イタリアは、外交においても開発協力においても、こうした課題に積極的に取り組んでいます。また、女性器切除(FGM)、幼児婚、強制結婚の根絶に向けた国際的な運動の最前線におります。特に、国連総会や国連人権理事会の決議に関する議論において積極的参加・牽引を果たし、これらの実施に終止符を打つために開発協力プロジェクトに資金供与しています。イタリアはまた、「緊急事態下におけるジェンダー暴力からの保護に対する行動要請」を含む紛争時や緊急時の性的暴力防止のための国際計画を支援しています。...

Leggi tutto
Tokyo, “Il Volo” in Ambasciata (27 novembre 2017)28/11/2017

L’Ambasciatore d'Italia a Tokyo ha ospitato la Conferenza Stampa di presentazione del Gruppo “Il Volo” e della sua prima tournée in Giappone. L'Ambasciatore Giorgio Starace e i tre giovani e talentuosi artisti italiani (Piero Barone, Ignazio Boschetto e Gianluca Ginoble) sono intervenuti alla presenza di numerosi e qualificati esponenti dei medi...

Leggi tutto
Comunicato Stampa – Via libera definitivo alle esportazioni di bresaola italiana in Giappone17/11/2017

Le competenti Autorità giapponesi hanno formalizzato la propria decisione di autorizzare le esportazioni in Giappone dei prodotti italiani di carne bovina realizzati con materia prima nazionale. Si tratta di un importante successo della diplomazia economica italiana in Giappone, raggiunto a seguito di un difficile e prolungato negoziato, ma a cui, proprio...

Leggi tutto
日本における「世界イタリア料理週間」13/11/2017

40を上回る企画で構成。 地中海式ダイエットと地理的表示に関するセミナーや、イタリアのワインや食品を取り扱う大手組合によるイベント、腕利きのソムリエやシェフの協力による試飲会や料理教室が予定されています。 イタリアサルーミ普及促進協会の協力により、シェフのエンリコ・チェレアがこのためにイタリアから来日して、イベントが開催されます。 「第二回世界イタリア料理週間」にあたって、日本全国で120店を超えるレストランが特別メニューを提供します。 流通大手のイオンリテールでは、バリラジャパンと提携して45店舗で『クッキングステーション』を設置し、料理を実演します。 コストコホールセール・ジャパンでは、26店舗で、イタリア食品専門コーナーが特設されます。 これは、イタリアの企業や、在大阪イタリア総領事館、東京ならびに大阪イタリア文化会館、イタリア大使館貿易促進部、イタリア観光促進部、在日イタリア商工会議所、イタリア料理協会、日本イタリア料理協会の協力を得て、在京イタリア大使館が調整に当たったという意義深い事実を意味するものです。 ジョルジョ・スタラーチェ大使は、「イタリア政府機関が日本においていかに活動的で結束しているか、そして日本の皆様がいかに受容性に富み、イタリア料理の味と質に関心が高いかということが、もうひとつの証しです。最後に、日本における「世界イタリア料理週間」の成功に貢献された著名な漫画家ヤマザキマリと落合務シェフに感謝します。」と述べました。 スタラーチェ大使は、日本における「世界イタリア料理週間」の事業について、11月20日に大使館にて行われる記者発表会で報道関係者に紹介する予定です。 日本における「世界イタリア料理週間」のイベント・カレンダーはこちらからご覧いただけます。

Leggi tutto